本文へスキップ

菜園王国は、家庭菜園を始めようとする方のための体感・体験農場です


埼玉県比企郡ときがわ町   

Q&A    

1.体感・体験農場は体験農場と違うのですか?

体感・体験農場 菜園王国は当初、ボランティアで始めた5年目の農場ですが農業指導の中で子供たち、若者とその家族が終日にわたり同じ目的で汗と泥にまみれて心が通い合うことの感動があり、何とかこの素晴らしい体感を一般的に広められないかと始めた、まだひよこのプロジェクトです。

一般の体験農場は種まき、収穫等のポイントの体験が多いようですが、当農場は種まきから収穫そしてお持ち帰りでおいしさを実感しながら食べるまでの体験を行います。体感とは他に本来の五感の意味もあり名付けたものです。
畑で作業をしていると四季で異なる温度、湿度、野菜の色と光そして香り、風とその音、小鳥のさえずり、周りの山々の景色この組み合わせは一年間で自然の同じ状態はないと云われています。そんな野菜に対する自然の息吹と同じ環境を是非体感してください。

2.テキストとか座学はあるのですか?

テキストは出来るだけやさしく解説した教材になっております。座学は行いますが、実践を重視したスケジュールを基本としています。座学も公共施設を利用して進めます。野菜の栽培方法は色々な方法がありますが、始めるにあたりお悩みになる点はそこにあります。とにかく基本的な栽培方法で進め、応用は後で十分できますのでご安心ください。毎回の講座には長年の栽培経験のある教授陣が親切にお教えいたします。                          このプロジェクトの領域は初めての方が、楽しく集い、野菜の種から食べるまでを行うものです。このことはご自分が食品を食べるわけですから、必然的に安全、安心な野菜を求められることになります。一回だけの講義だけでなく一連のプログラム終了後も継続してベジタブルキングダム−クラブにご入会していただき野菜作りを楽しむことが可能となっております。    

3.働いているので時間が無い、遠いので大丈夫ですか?

野菜を植え付けてからその後の管理が上記の理由で出来ない方にはご心配いりません。管理は当農場で代行します。毎日、畑全体を管理しておりますのでご安心ください。             でもご自分のエリアがご心配の方には写真付きメールでご連絡いたします。ブログでも生育状態を定期的にアップしていきますので、スマートファンでも確認できます。ナチュラル野菜のため、害虫対策にはネット栽培などを行います。主宰者が長年に渡り、週末農業を行ってきたノウハウもお教えいたします。畑には場所によりますがハイヒールで入ることも可能です。逆にプログラムの期日以外にも訪問したい等のご希望はむしろ大歓迎です。存分にお楽しみください。   

4.農園の中のエリアのどこへ植えるのですか?

農場の中のエリアを各自が固定的に確保するのでは無く、作物毎にエリアを決めて作付します。その後は各作物の管理はご自分で管理していきます。エリアを設けないといけないのは責任がないとやりがいが無くなるためです。                  農場を各自でシェアすると農場全体の清潔感も向上します。でも、万が一害虫、病気の不可抗力が発生する可能性があるためにバックアップエリアも多少設けてあります。 

5.収穫した野菜は持ち帰ることが出来ますか?

各自エリアの野菜は全てお持ち帰りが出来ます。しかし、ナチュラル野菜のために、虫等がいる場合がありますので、各自で入念に洗ってお持ち帰りください。なるべく農薬使用せず、有機肥料を多用して栽培していきます。                   当農場では洗浄後にポリエチレンフィルムにて包装してお持ち帰りいただくようにしております。新鮮な  ままお持ち帰りが出来るよう配慮しております。保存期間が全然違います。 

6.採れたての野菜をその場で食べてみたいのですが?

キュウリ等は最盛期になると毎日収穫出来ます。このキュウリをその場で丸かじりが出来ます。トマトもうまいですよ。      特にうまく感じるのはトウモロコシでしょうか。収穫後の時間で糖度が違うと云われています。その場で茹でてみましょうか。   新ジャガイモは農場で蒸かして食べる企画なども考えます。   主宰者が自分で野菜を作ろうとしたきっかけの一つは隣の奥さんが作ったキャベツを食べた時のおいしさの感動です。これはいまだに忘れられません。この感動も是非とも、お伝えたいしたいところです。      

7.参加者間の繋がりはあるのですか?

日時を決めてプログラムを進めるのは、受講の同期化を計ることもありますが、実践の作業も含まれ、資材の組み立て、セッティングにご協力をお願いすることになります。回を重ねる毎にお顔を合す機会が増えてくると思います。                収穫祭等のイベントの時にも手を休めてお話が弾むことでしょう。でもイベントの時もお手伝いをお願いすると思いますが、よろしくお願いします。 

8.コースが一巡したら終了してしまうのですか?(ベジタブルキングダムークラブ)

一年で一巡しますが、家庭菜園を始めてみるとお分かりになると思いますが、次はもっと良いものを作りたいという欲求が出てきます。今年はうまくいかない作物があったので、来年はこうして見よう。今度は新しい品種の野菜に挑戦してみたい等のお気持ちが出てきて栽培技術がさらに向上していきます。            このような要求からベジタブルキングダム−クラブを用意しております。基本的には同じサービスが延長される内容になっており、いつでもアドバイザーがサポートしております。 

9.体験型セルフ収穫コースはだれでも参加できますか?

家庭菜園をやってみたいが、菜園が遠いし、仕事が忙しいという方の意見が多く聞かれました。そこで、野菜を菜園王国で栽培して旬になったら会員の方が自由な時間に来ていただく仕組みはどうかとお話しましたら好評をいただきました。            早速、コースを設けて参加をいただきました。お陰さまで、現在は多くの会員様がご利用しております。会員様の栽培エリアは作物毎に表示されていますので安心です。農薬不使用なので、キュウリなど食べながらお帰りになる方もおります。安全な野菜を超新鮮に食べられるとの感想をメールにて頂いております。 

10.栽培にリスクはありますか?

畑の野菜は自然の恵みを受ける半面で過酷な自然との戦いの場面もあります。晴天は野菜には良い結果を出しますが、晴れすぎると日照りになりストレスになります。雨も同様に適度は良いが、降りすぎると害になります。又、台風の風による被害、想定外の霜被害、病気そして害虫の異常発生等の環境のリスクがあります。    それでも懸命に野菜達は頑張り、素晴らしい姿を見せてくれます。でも、どうしても負けて収穫が思うように行かないことも時にはあることを御承知いただきたいと思います。  

11.農機具、農資材はどうするのですか?

農機具は当農場に全て用意してあります。支柱、マルチ、防虫ネ  ッ ト等も当園で用意してありますので、各自で用意する必要はご ざい ません。                        でも、個人用の帽子、作業着、長靴、手袋、タオルそして飲み物 用の水筒はご用意ください。                 堆肥および肥料も当農場で準備いたします。     

12.電車でいけますか?長靴等保管と着替えはできますか?

ときがわ町のバスをご利用するとバス運営維持に大変助かります。是非ご利用ください。身の回りの用品収納できるロッカー等もご希望によりご利用出来ます。着替え等も事務所を利用することができます。                           トイレも事務所をご利用ください。 

13.周辺の観光もできますか?

半日作業して午後は清流を眺めてのんびりするのも心が洗われるひとときになることでしょう。                 春は花菖蒲、夏はすてきな飛び石がある都幾川遊び、秋にはイチョウ、楓の紅葉と見どころいっぱいです。当農場の自転車で風を切って周辺を走るのいいかもしれません。     

14.プログラムの途中からでも参加できますか?

毎年同じプログラムで進めますので、どこからスタートしても来年の同じ時期まで受講すれば良いので全く問題ありません。思い立ったら吉日です。お好きな日時からご参加ください。       いつでもメールにてご相談ください。当農場はこちらからしつこい勧誘はいたしませんのでご安心ください。 

15.参加したらどのようなプログラムスケジュールになるのですか?

基本的には3月のじゃがいもの植え付けから開始しますが、その後は収穫と次の作物の植え付け(種まき)が始まるようにして植え付け(種まき)だけでなく、収穫体験も一緒に味わうようにしています。お子様でも興味が続くような配慮をしています。実質的には12月末頃まで36種類位の野菜を収穫し、お持ち帰りが出来ます。 収穫した野菜は全て分配しますので、合計するとものすごい量と種類になり、毎回、新鮮な野菜をいただくのが最大の楽しみになると思います。主宰者も自前の野菜を食べるようになり、”人間の体は食べたものから出来ている”という食品会社のキャッチフレーズも実感として感じているところです。  

16.種・苗の用意はどうするのですか?

ご自分で種を購入すると、ご自分で食べられる分、おすそ分けをする分も含めてもついつい、多く作りすぎる場合が多いと思います。せっかく作った野菜を廃棄することにもなります。それでも、種が余ってしまうようです。これも無駄ですね。当農場では種を各自に必要分を提供します。当然、ポットに植える苗も適量を配分して無駄を省きます。 

17. 栽培のノウハウは他でも役立ちますか?

露地栽培でのノウハウは各ご家庭の庭にても生かすことが出来ますがベランダでのプランターでも当然生かすことが出来ます。特に、プランターでの栽培では牛フン堆肥を追加することにより大きな作物にすることが出来ます。危機管理を考えたら、常に種を用意したり、ご家庭の周りで栽培しておき非常時に対応したいとおっしゃる方もおりましたが、現代ではまんざら冗談ではなく、必須な条件になってくるかもしれません水耕栽培も露地栽培を基本に試してみるのも良いと思います。  

18. 畑作りも体験できるのですか?

栽培の基本は畑作りです。ふかふかの土から健康な野菜達が育ちます。その後に堆肥のすき込み、施肥(肥料を施す)、植え込み後の追肥と畑の条件を整えていきます。              実際に畑を人手にて道具を使い耕します。土の状態はどのような状態が良いのか。耕す深さは?実際に耕してみると理解が早いと思います。その後に耕運機(管理機)で耕す講習も行います。    他に酸性度(ph)、乾燥具合と意外とパラメータ(条件)はありますが、最初はあまり考えすぎないで、まづ始めてみましょう。 畝を作ったり、マルチ張りもみんなで協力しあい作りましょう。このように有る時期に皆で協力して畑作業を行うことを昔は由井(ゆい)と云っていました。当地では聞き方が正しいか判りませんが”いい仕事”といっていました。昔からこのように助け合っていたのですね。 

19.何故このような安価な費用で体感・体験できるのでしょうか?

個人で家庭菜園を始める時には、各種道具の購入、農業資材の購入、種および苗の購入で初期投資の金額が馬鹿になりません。出来た野菜が趣味でもありますが非常に高価なものになってしまいます。このような材料も皆さんでシェアすることにより個人負担が少なくなるばかりでなく、当農場も有効利用出来るわけです。そして、この資材の保管も悩みの一つではないでしょうか。これらの問題を解決します。                         苗も購入すると成熟した野菜の半分程します。これらも種から育苗すればきわめて安価に利用でき大いにメリットがでるわけです。 農場ではまだ設備も不備な面もありますが、野菜作りの楽しさと幸せを如何にしてリーズナブルに皆さんに体感・体験していただけるのかを探求していく所存です。会費は作物の種、苗、肥料、休憩所等の設備費用及び教授謝礼に使用されますのでよろしくお願いいたします。                 
このページの先頭へ

体感・体験農場−菜園王国
(農事組合法人ときがわ)

〒355-0342
埼玉県比企郡ときがわ町玉川
○管理センター
同上 玉川881